優しさのある安田章大

この漫画のなかで安田章大はとても優しく、心に響く言葉を残します。
強引にアサトとサクラを一緒にする場面もあり、「逃げんな」との言葉は物語にでてくる彼にしてはすごく厳しい言葉でした。
でも、そうやって無理やりに、強引にすることが優しさでもあり、それが二人を動かすきっかけにもなります。
あとから、アサトを気遣って電話したり、ちょっと難しい、というか彼にしかわからないようなたとえも出てきますが、それはアサトを思ってのことで、心に響きます。
メンバーからも信頼されている様子が移されていたり、ちょっとドジで抜けているようなところも、ちらかった資料を最後に一人残って片付ける場面なども印象に残っています。

Copyright (C)関ジャニ∞の漫画がおすすめ All Rights Reserved.